2012年03月26日

食べ物・薬の呑みあわせ−1

おはようございます。
今朝のお目ざめの友は「黒烏龍茶」です。


  「サントリー」さま 黒烏龍茶

   脂肪の吸収を抑えてくれるよ。
   美味しくいただけるわね。


気がつけばブログ更新を数ケ月もお休みしてました。

新しい仕事になって・・・・・

やっと慣れてきたわ。。。。。精神的に疲れることは多いけれども

ぼちぼちやってます。



「食べ物と薬の相瓦作用」についてお話します

相瓦作用とは、一般的には「飲み合せ」といわれてますね

食べ物同士でも、食べ合わせがよくないといわれるものが

ありますが、食べ物と薬、薬と薬がおたがいに薬の利きめを

強めたり弱めたり、まったく別の作用をもたらしたりする場合があるのよ



※この食品と同時に飲んではダメな組み合わせ

次に紹介させていただく食品を日常的に飲食していて
さらに薬も飲んでいる方は、薬剤師または医師に相談してみて下さい。


牛乳と・・・・・鉄剤

貧血などの方が服用する鉄剤は、牛乳と一緒に飲むと

鉄の吸収が低下してしまう。


牛乳と・・・・・胃腸薬「健胃・カルシウム制酸消化剤

大量の牛乳で服用すると、牛乳に含まれるカルシウムと

胃腸薬のカルシウム制酸剤の相乗効果により高カルシウム血症

「食欲不振・吐き気・不眠・めまいなどの症状」になることがある。


抗生物質「感染症などの治療薬 テトラサイクリン系」

抗菌薬「肺炎やぼうこう炎などの治療薬ニューキノロン系」

牛乳との服用で、牛乳の中のカルシウムや鉄と反応して吸収されにくくなり

効果が現れにくくなります。


みなさんがよく朝食などに食べている納豆

納豆と・・・・抗凝固剤

心臓の手術をした後や、心筋梗塞、脳梗塞、動脈血栓症などの病気を

もつ方に処方されることがある薬です。

納豆に含まれているビタミンKが血液を凝固させる性質なので

逆に血をサラサラにしようとする薬の利き目を弱めます。

   
ブロッコリー・ほうれん草・春菊などの緑黄色野菜と・・・・抗凝固剤

納豆と同じ理由です。


次回にお話は続くよ。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ

広島ブログ
posted by さよちゅう at 05:48 | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/260121805

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。