2012年10月11日

食べ物・薬の呑みあわせー2

おはようございます。
今朝のお目ざめの友は「黒烏龍茶」です。


  「サントリー」さま 黒烏龍茶

   脂肪の吸収を抑える
   特定保健用食品です。


しばらくの間ブログ更新お休みしておりました

  気がつけば季節は秋になっちゃいました(笑

  車で出勤の途中キレイにコスモスが咲いていますよ

  もう数日もすれば紅葉になるんだろうなぁ〜

  前回のお話の続きを書いていきます

  (食べ物と薬の相瓦作用)



  グレープフルーツ(ジュース)も・・・と降血圧剤(カルシウム拈抗剤

   ※薬が効きすぎて血圧が下がりすぎたり、顔のほてりや頭痛、ふりつきなどの

     副作用が現れます。(薬の種類によっては問題のないものもあります)


ほかに、・消化機能を助ける薬

        ・免疫抑制剤(炎症やアレルギー症状を抑えたり、リウマチの痛みを緩和
                 するなどの薬)

※高脂血症剤(コレステロールや中性脂肪を下げる薬)

なども、血中濃度があがり副作用がでるので注意が必要になる。

   グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという物質が、消化器官の粘膜や肝臓の

   薬物代謝に大切な成分の働きを弱めてしまい、薬の吸収量が増えて影響を及ぼす
  
   スイーティーという柑橘も同じです。しかし、他のオレンジやみかん、夏みかん、

   レモンなどの柑橘類には、こんな作用はありません。


   次回はお酒と・・・・・・魚の干物と・・・・・のお話になります。


   またしばらく更新が出来ないと思いますが・・・・・・

   皆様の参考になれば嬉しいです。
posted by さよちゅう at 06:06 | TrackBack(0) | プチ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。