2013年04月10日

食べ物と薬の呑み合わせ

おはようございます。
今日のお目覚めの友は、おいしい牛乳です。


  「明治乳業」さま おいしい牛乳

   とってもおいしいですよ。


今年初めての更新となっちゃいましたww
 

わたし3月は本当についてなかったと言えばいいのかなぁ〜

  初めはインフルエンザになり高熱にうなされていました

  39℃のお熱が出てましたが仕事は出勤していましたが

  頭ぼーっとしていて・・・・・・・・かなりきつくて3日目はお昼まで

  休ませてもらい、昼出勤して働きましたがつぎの日は1日ダウンで

  起き上がることさえ無理でしたわ

  それから2週間後・・・・母がノロウイルスになってしまい

  一緒にいる私に移り下痢、嘔吐を繰り返していました。

  もちろん出勤は出来なくて・・・・人に移るから休んで下さいとの指示がでて

  あーぁ、なんてありさまだぁ〜・・・・泣くしかない状態だった

  3日後、身内に不幸があり葬儀などでバタバタしていたら

  私自身が疲れとストレスが・・・・そして私、入院していたよ

  こんなのってアリなんだろうか

  退院して戻ったら仕事復帰しょうとおもってたら

  私の穴埋めしていた臨時バイトの人にそのまま仕事とられちゃい

  もう、なんだよってことです

  ながくなっちゃったわね

  わたしの話はここまでにして前回の続きのお話にします

  ◎お酒(アルコール類)と・・・・・

    糖尿病薬・インスリン

    アルコールにより薬剤の血糖降下作用が強くなり、血糖が下がり

    すぎることがあります。

  ◎魚の干物と・・・・・

   結核治療の薬 イソニアジド

   魚の干物に入っているヒスチジンという成分が代謝されにくくなり

   ヒスチジンからできるヒスタミンが体内に増え、顔面が赤くほてるなど

   症状がでます。


  次回は食間についてお話してみますね

  ではまた次回に。
posted by さよちゅう at 18:06 | TrackBack(0) | プチ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。