2010年11月12日

うおのめ・たこ−2

おはようございます。
今日のお目覚めの友は、北海道スキムミルクです。


  スキムミルク 「雪印」さま
  飲みやすく

  北海道生乳100%使用です。
  ホットで飲みました。


先日、車を運転していたらこんなマナーが悪い人が
いました。信号待ちをしていたら前の車の
ドライバーさんがドアを開けてツバかタンを道路に
吐いたんです。自分の家の車庫なら、そんなことしない
でしょうに・・・・・
また、タバコの吸殻を窓からポイ捨てする
ドライバーさんもよく目にするわ。
道路は灰皿ではありません。火も消えてないタバコも
ポイ捨てなんて散歩しているワンちゃんや猫ちゃんが
それを踏むかもしれないわ肉球をやけどしちゃうでしょう。

では、うおのめ・たこのお話に戻るね。
 (うおのめ・たこは、古い角層が分厚くなったもの)
角層は外から刺激が加わると厚くなり、皮膚そのものや、
その下の組織を守ろうとする性質を持っています。
うおのめ・たこは、あかとなって脱落する角層が、
はがれ落ちず分厚くなったものです。

たこそのものは、皮膚などを保護するためにできるもの
なのでそのままにしていてもよいでしょう。
しかし、厚く硬くなった皮膚が気になる場合は皮膚科で
削ってもらうか、市販の専用のやすりで削る方法があります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ

広島ブログ
ラベル:角層 皮膚科
posted by さよちゅう at 00:00 | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

うおのめ・たこ−1

おはようございます。
今朝のお目覚めの友は、セブンネットショッピングです。

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
  海から山から集めた
  こだわりの味、有名ホテルで
  人気のグルメセットなど
  お取り寄せ人気商品を
  ご紹介!!

寒くなったから、温泉にでも行きたいですが
お金と時間に余裕がありません。
できることならば2日ほどのんびりと温泉に浸かって
いたいです。

「足のトラブル」についてお話します。
うおのめは靴と皮膚、または皮膚同士が強くこすれて、
角層の一部分だけが内側に向かって分厚くなったもので
歩くと小石を踏んでいるみたいな痛みを感じます。

できやすいのは、足の小指の外側、薬指と小指がすれ
合う部分、足裏の指の少し下あたりです。

うおのめで悩んでいる人のライフスタイルの多くの方が
ハイヒールを毎日履いています。
ハイヒールは足を締め付け、つま先あたりに体重が
掛かるためうおのめになりやすいのです。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ

広島ブログ
ラベル:小石 小指 薬指
posted by さよちゅう at 00:00 | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

関節リウマチ−5

おはようございます。
今朝のお目覚めの友は、紫の野菜です。


  「カゴメ」さま 紫の野菜
   
   野菜不足のために補給です。
   とっても飲みやすいよ。

このところ、お肌が荒れちゃって、カサカサに
なってるのよ。
潤いがなくなっちゃった感じかなぁ?
ナイトクリームをつけなくてはダメかしら。

今回は質問について書いてみますね。
(関節リウマチの緩和には、コンドロイチンなどの
 サプリメントは効くのでしょうか?)
ヒアルロン酸の関節内注入は、関節リウマチ、
変形性関節症に有効であるという研究報告もあり、
保険診療上の適応になっています。しかし、ヒアルロン酸、
グリコサミン、コンドロイチンなどの健康食品は
経口摂取によるもので腸菅で消化吸収されるので、あまり
効果は期待できないと考えられます。

(リウマチ熱で入院・退院後も抗生物質を服用していました
 医師からは完治したと言われたが、湿気の多い日は関節や
 骨の芯が痛むが、これは関節リウマチなのですか?)
リウマチ熱は関節リウマチとは別の病気です。溶連菌感染が
原因。関節症状、神経、皮膚病変、心膜症、心臓弁膜症1を
併発する病気。以前は膠原病のひとつに挙げられていましたが、
現在は抗生物質の開発・投与により発生が減少しています。

質問者は関節症状が持続しているので、鎮痛消炎剤、
ステロイド剤の投与が考慮されますが、リウマチ科を
受診なさってみてください。
※(リウマチ科を標榜した内科・整形外科)何か心配な方はこちらへ



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ

広島ブログ
posted by さよちゅう at 00:00 | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。